まんぷく 48話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、まんぷく が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在1 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

まんぷく 48話

48話 全国放送日2018年11月24日

まんぷく 48話の総合評価
2.9
  • 出演者 2.7
  • ストーリー 3.0
  • 演技 3.0
  • 映像 2.6

まんぷく 48話のあらすじ

栄養をとることができた福子は少しずつ回復する。萬平は栄養失調で苦しむ人たちを救うために、三田村に投資してもらったお金で栄養食品を作ることを決める。しかし、鈴からは反対されてしまう。

【まんぷく 48話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • まんぷく 第48話

    希望に溢れる新規事業

    4.0
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 4.2
    • 演技 4.1
    • 映像 3.7
    続きを読む 肥立ちが悪く、体調が優れなかった福子さん(安藤)でしたが、栄養のあるものを食べて、ようやく元の元気を取り戻しました。
    本当に良かったです!源ちゃんも嬉しそうでした!
    しかし、この時代では、栄養失調が原因で亡くなってしまう妊婦さんもいるとのこと。
    萬平さん(長谷川)はある新規事業を思いつきます。
    それは「栄養食品を作る」ことでした。
    栄養食品があれば、栄養失調で苦しむ人を助けられる、と考えたのです。
    そして、萬平さんの研究が始まります。
    萬平さんの表情はキラキラとしていました。
    萬平さんにとって「人の役に立つ」ということは何よりの幸せなのだと感じました。

    お肉系のものは高価になってしまうということで、原料に選んだのはなんとカエル・・・。
    ちょっとカエルは食べたくないですね(汗)
    鈴お母さんが「やめてー!」と何回も叫ぶ気持ちがよく分かります。
    研究中に釜の蓋が飛んで中のカエルが飛び出したり、本当にこれからも大騒動になりそうですね。
    しかし、従業員の人達の表情はとても楽しそうです!
    この研究は人々の未来への希望に満ち溢れていると感じました。
    そんな萬平さんたちの姿を優しく見守る福子さんも、とても幸せそうでした。
    「萬平さんを信じている」という福子さん。
    信じる力は何よりも強いものだと感じます。

    未来への希望をとても感じるお話でした。
評価をする