メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

高校教師1 話〜11話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、高校教師1が見られる動画配信サイトの情報を掲載。 高校教師1の口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。

高校教師1

高校教師1

3.8
(22件の口コミ)
出演者 3.7
ストーリー 3.7
演技 3.6
映像 3.7
(22件の口コミ)
TBSテレビ系
初回: 1993年01月08日
最終回: 1993年03月19日
TBSテレビ系 金 22:00-22:54
初回: 1993年01月08日
最終回: 1993年03月19日
TBSテレビ系 金 22:00-22:54

高校教師1のあらすじ

事情があって理科教師になった羽村と、家庭に問題のある高2の繭子は自然と惹かれ合っていく。教師の暴行、DV、そして許されざる恋を描きながらも、透明感のある悲恋の社会派ラブストーリー。

脚本家

最新口コミ

4.5
出演者 4.5
ストーリー 4.5
演技 4.5
映像 3.5
高校教師1

父親に以上に可愛がられsosをだす、少女のいたいけな思いを、宣先生と言う立場場受け止められずにいたが、真っ直ぐで素直な教え子に対しいつしか、守ってあげたいと言う感情が勝り禁断の恋へと発展していく、物語

5.0
出演者 5.0
ストーリー 4.5
演技 4.0
映像 5.0
高校教師1

お互いの立場的なこと以外は、羽村先生と繭の純粋なやり取りや恋愛へと発展する過程がとても好きです。
日本の男性に凄く多いと思うのですが、年齢だけは立派に大人でも内面はとても子供で幼児性があり臆病な先生を、
見返りを求めず優しく支える繭の姿はとても学べるところがたくさんあると感じました。
繭自身は人にあまり心を開かない子だけど、心を開いて愛情を注ぐ時はとても献身的で一人の人と深く関わることができるこれも素敵な愛し方に思いました。

5.0
出演者 4.0
ストーリー 5.0
演技 4.0
映像 5.0
高校教師1

生徒と教師の禁断の恋のみならず、レズや近親相姦、レイプに妊娠と問題が多すぎ!
問題が山ずみだからか主人公二人がすごく、きれいで儚い愛に感じてくる。
桜井幸子の独特の雰囲気と「私が守ってあげる!」は男じゃなくても胸を撃ち抜かれた。
真田広之の頼りない感じも相まって応援せずにはいられない気持ちになったし、何年たっても忘れられない。

4.6
出演者 4.0
ストーリー 4.5
演技 4.5
映像 4.5
高校教師1

わたしが思春期の時にやっていていました。
かなりの衝撃を受けたのを覚えています。
真田広之さんと桜井幸子さんの禁断な恋愛だけでなく、実の父からの性虐虐待などもうびっくりのストーリー。

そこまで不幸なんだから、最後こそはと思っていましたが、ラストも悲劇で終わるといい、何とも後味が悪かった。
だからこそ、今でも記憶に残っているのかも、あれはあれでハッピーエンドだったのかもと今では感じたりします。

続きを読む
4.6
出演者 4.0
ストーリー 4.0
演技 4.0
映像 4.0
高校教師1

高校教師と女子高生の禁断の恋愛、でもピュアなラブストーリーにもとれる物語でした。二人のまわりではおぞましい出来事が数々描かれます。毎週、これでもかというくらい暗く悲しいシーンもありますが、見ないではいられない物語でした。

女子高生役の桜井幸子さんは引退されてしまったので、もうテレビでは見れないかもしれませんが、また見たいと思う名作でした。最後のシーンはどう捉えたらいいのか、考えさせて終わってしまいました。

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
高校教師1

高校教師はかなり私の中強烈な印象のドラマです。女子高生には父との間秘密があり、父は娘を異常な愛で縛っていた。その事を見た時はそんな事があるのかと衝撃的すぎてショックを受けた覚えがあります。女子高生は先生が好きになり、父との間の秘密が先生に見られてしまったのは、本当に可愛いそうで辛い気持ちになりました。今も私の中で最後のシーンは謎のままです。2人は電車に乗り、赤い毛糸で互いの小指を結び、その手が脱力しておちるのだが、2人は寝ているのか、死んでいるのか、今も目に焼き付いいます。

続きを読む
4.8
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
高校教師1

高校教師と禁断の愛を描いた初のドラマで今でも記憶に残るシーンがたくさんあり、女子高生の清純な気持ちが先生によってけがれていくシーンは見所が多く、
現実に起こる可能性が高いドラマだったと思います。
真面目な先生までも本気に生徒を愛してしまいどんどんお互いが不幸になっていくシーンがとても悲しく、見ていて涙がとまりませんでした。
高校教師のようなドラマは現代社会ではありえない当時のドラマだったと思います。

4.6
出演者 5.0
ストーリー 4.5
演技 5.0
映像 4.0
高校教師1

とにかく桜井幸子さんが演じる主人公の繭が魅力的です。このドラマを語るには、まずそこからです。
相手役を一途に想い続けるあまり、怖い行動をとることもありますがそれさえ凌駕してしまう一途さ、切なさがあります。
桜井さんが演じたからこんなにも繭というキャラクターが魅力的になったのだと思います。
持田真樹さんのかわいらしさも見逃せません…が、京本政樹さんとの絡みが怖くてかわいそうだったので、そこだけマイナスポイントです。

続きを読む
4.0
出演者 4.5
ストーリー 4.0
演技 4.5
映像 4.0
高校教師1
当時、衝撃的でした。近親相姦、教師と生徒の恋。 近親相姦なんてテーマ、それまでにTVで扱った事あったのかなぁ? すごくすごく暗い内容なのに引き込まれて、出てくる人達の孤独というか 入り込みやすい性格の私は思い切り影響を受けて、観た後ぐったりするような言いようのない気持ちになったのを覚えています。 それまで私の中で桜井幸子は上品で清楚なイメージの女優さんだったのですが こんな辛い事を背負った配役にも関わらず、全く物語のイメージを壊すことなく それでいて桜井幸子のイメージも崩さず、暗い物語の中で主人公カップルだけが希望というか光。 でもその光は今にも消えそうな弱々しい光...
続きを読む
4.0
出演者 4.0
ストーリー 5.0
演技 4.0
映像 4.0
高校教師1

タイトルから禁断の愛だったり女子高生との性的なイメージを抱いてしまいがち…。

しかしこのドラマには、子供と大人の間(はざま)。教師と男の間、教師と生徒の間などなど…0か100で割り切れないテーマが複数存在します。
白黒つけることができない感情、それに抗いながらも流されていく人々の群像こそがこのドラマの真骨頂ではないでしょうか。

評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す