親バカ青春白書 7話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、親バカ青春白書 が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在2 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

親バカ青春白書 7話

7話 全国放送日2020年09月13日

親バカ青春白書 7話の総合評価
3.2
  • 出演者 3.6
  • ストーリー 2.6
  • 演技 3.4
  • 映像 3.0

親バカ青春白書 7話のあらすじ

【最終回】小比賀家でのシェアハウス生活を送っていた衛藤美咲(小野花梨)は、ある日ガタロー(ムロツヨシ)にキスをする。小比賀さくら(永野芽郁)は、その事実に対して思った以上に動揺していた。そんなさくらを見た畠山雅治(中川大志)は、さくらに嫌われてしまったと思い込み、振られるのではないかと怯え始めるのであった。

【親バカ青春白書 7話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • 親バカ青春白書 第7話

    また、すぐ観れそうな気がする!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0

    最終回観賞させて頂きました。

    なんだか、久しぶりに

    「あ、このメンバーをまた観たいな」

    と思わせる、そんな作品でした。

    この作品を観ていない人はきっと娘とお父さんが同...
    続きを読む
    最終回観賞させて頂きました。

    なんだか、久しぶりに

    「あ、このメンバーをまた観たいな」

    と思わせる、そんな作品でした。

    この作品を観ていない人はきっと娘とお父さんが同じ大学に入学するという奇想天外な物語だと思ってるんでしょうが、全く違います

    違うというより、そんな事はどうでもいいんです

    このドラマは

    友情、恋愛、青春

    という、このキラキラした三大柱で成り立っているのです

    「キラキラ」したというのが重要です

    そこに混ざっている様で、実は暖かく見守っているガタロー(ムロツヨシ)が更にこのキラキラ感を増幅させているのです

    続編やってくれないかな〜

    まだ、大学の後半編もできるし、社会人になった話も出来そうだし

    とにかくあの5人が大人になっていくのを、只々観ていたいんです

    永野芽郁さん演じる「さくら」が可愛いこと
    こういう、ちょっぴり天然な女の子の役をやらせたら天下一品ですね
    今後もこのポジションをガッチリキープしつつも大人な女性の役にも果敢にチャレンジしていって欲しいものです

    そして、山本寛子役の今田美咲さんの、あの大学生なんだけど、少しませてますみたいな雰囲気も最高でしたね
    さくらみたいなキャラの横には絶対にいなくてはならない存在なんですが、この役をやれる女優さんて、いそうでいないんですよね
    さくらも寛子も自が出てる感じがあって、凄く馴染んでる感じがしました

    中川大志さんのあのポンコツな感じも観ていてほのぼのしましたね
    中川さんはイケメンだからそうは言われてないですが、実は結構カメレオン俳優ですよね
    毎回全然違う役をやっているんですが、キッチリとはめてくる
    今度は悪役なんかもやって欲しいですね、サイコなやつ

    そして、戸塚純貴さんがかなり良かったですね!
    最初はなんか、凄いサブの役で、主要メンバーではないのかな?
    と、思う程の存在でしたが、気づいたらこのメンバーに無くてはならない存在になっていました
    根来が居ないと、なんだ味気なくて、当たり前の様な感じになってしまうこのメンバーにピリっと「オスベリ」を効かせてくれている感じが、凄く好感が持てました
    滑り役を綺麗に出来る役者はきっとこの先何処に行っても重宝される事間違いなしなので、今後の活躍が目に見える様でした

    そして、、

    なんと言っても

    僕が大好きに、なってしまったのが

    小野花梨さん!

    正直言うと最初は永野芽郁さんや今田美咲さんに比べて、なんかぱっとしない娘だな、という印象でしたが、いやはや、凄い
    最後には、視聴者皆を虜にしていたんではないでしょうか
    今、僕の前に、永野芽郁さんと今田美咲さんと小野花梨さんが同時に付き合って下さいと迫ってきたら、きっと小野花梨さんを選ぶでしょう!
    と、まあ、聞くに耐えないおじさんの妄想話での例えで申し訳ないんですが
    それくらい、小野花梨さんには魅力がありました
    この役が良かったのか、小野さんの演技力が凄かったのか、はたまたその両方なのか、それは分かりませんが、とにかくこの小野さんの演じる、「美咲」がこのドラマの鍵になっていた様に感じます
    それを見事に、こなした小野花梨さん
    絶対絶対仕事が増えると思います!
    早く小野花梨さんの次の役が観てみたいです!

    とまあ、そんなこんなでスッカリこのドラマのファンになってしまった僕ですが、終わってしまって残念ですが、全然ロスってません

    何故なら、何となくまたすぐ会えそうな気がするからです

    もう会えないかもしれませんが、また会えそうな感じで終わってくれるドラマは本当に好きです

    このドラマに、関わる全ての人に感謝したいです。

    さあ、一体いつになるのか分かりませんがこの5人+1人がまた観れる事を楽しみにしております!

  • 親バカ青春白書 第7話

    嘘でしょ?これ最終回?

    3.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 2.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5
    最終回でキャラのよさ死ぬってどういうこと?

    さくらもはたけも自分のことばっかりで
    みさきは恋愛至上主義のイヤ〜〜な女になるし
    最終回で母ぶっこむし
    根来と寛子は今まで通りでよかったけ...
    続きを読む 最終回でキャラのよさ死ぬってどういうこと?

    さくらもはたけも自分のことばっかりで
    みさきは恋愛至上主義のイヤ〜〜な女になるし
    最終回で母ぶっこむし
    根来と寛子は今まで通りでよかったけど
    いいところ全然なかったわ…

    しかも進級で終わりって!

    「親バカ青春日記」って本を出すと思った期待が
    裏切られたのはよかったけど(安直すぎるので)
    そのほうがよかったんじゃないかい??っていう!!

    打ち切りの少年漫画かよ!!!

    なかなか衝撃的な最終回で、
    今までいいなと思っていた点は全部吹き飛びました。
    そしてガッキーはヤンキーでも全然怖くない。
評価をする