いだてん ~東京オリンピック噺~

43話 「ヘルプ!」 全国放送日2019年11月17日

5.0
  • 出演者 5.0
  • ストーリー 5.0
  • 演技 5.0
  • 映像 5.0

あらすじ

2年後に迫ったオリンピックについて国民から高い関心を得られていない中、聖火ランナーの候補者に金栗四三の名前が挙がる。しかし、オリンピック開幕を前にして大問題が勃発する。

  • いだてん ~東京オリンピック噺~ 第43話

    重なる魂

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    くえり

    フォロワー 10

    続きを読む アレン、カッコいい!

    「スポーツと政治は別」
    「スタジアムと選手村は聖域で、政治の介入は許さない」
    そんな田端らの前に国際情勢が立ちはだかる.
    東京オリンピックの前哨戦であるアジア大会をめぐり、何やらややこしい事態が勃発してしまう.

    一方にヤル気満々の日本選手たち&この大会に思いをよせる現地インドネシアの人々、もう一方に、インドネシア大会に出れば東京五輪が台無しになるかも、という恐れ.
    本編の、特に後半はこんなダブルバインドな息苦しさに終始する.

    ひとことで言えばまーちゃん大ピンチ、なわけだけれど、そんな田畑の前に、彼が背負う孤独と重圧を理解できる人間が(幻だけど)現れる.それがお気楽キャラの現地通訳・アレン.

    押し寄せるデモ隊を、鮮やかな一本背負いで撃退.
    「サ カ ラ ワ ズ シ テ、カ ツ !」
    嘉納治五郎の魂だ.

    マーちゃんを追い詰めているものこそ、まさに戦前の東京五輪の前に嘉納治五郎を追い詰めた問題そのもの.同室の重圧を前に、治五郎と田畑との魂が重なっていく.

    関係ないけど、面接を受けにきた吹浦忠正さんは、ご本人自身が本編の国旗交渉スタッフとして、クレジットに名を連ねている.
評価をする