石戸香穂の出演ドラマ

Q10キュート

3.0
  • 出演者 3.6
  • ストーリー 2.9
  • 演技 3.3
  • 映像 2.9
日本テレビ系 土曜 21:00 〜     21:54
初回 2010年10月16日
最終回 2010年12月11日
出演 佐藤健 前田敦子 薬師丸ひろ子 田中裕二 光石研 白石加代子 小野武彦
脚本 木皿泉
主題歌 高橋優 「ほんとのきもち」
  • Q10キュート

    優しい世界

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.0
    • 映像 5.0
    人間そっくりなロボットが人間世界で暮らすというSFを取り入れた学園ドラマ。リアルな学園ドラマにありがちな、現実世界のつらさとかがなくて、透明感のある作りになっていたのがよかった。出てくる人みんな... 続きを読む 人間そっくりなロボットが人間世界で暮らすというSFを取り入れた学園ドラマ。リアルな学園ドラマにありがちな、現実世界のつらさとかがなくて、透明感のある作りになっていたのがよかった。出てくる人みんながやさしくて、でも切なくて、ちょこちょこ泣けるシーンもあったな。現実みたいなリアルなドラマも悪くないけど、フィクションを楽しむならこういうのがいいよなって思わせてくれました。
  • 鈴木先生

    2.8
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ東京系 月曜 22:00 〜     22:54
    2011年
    最終回 2011年06月27日
    出演 長谷川博己 臼田あさ美 土屋太鳳 山口智充 小山燿 下山葵 藤原薫
    脚本 古沢良太 岩下悠子
    主題歌 ROCK'A'TRENCH 「光射す方へ」
    馬場俊英 「僕が僕であるために」
  • 鈴木先生

    人気俳優が生徒役で勢ぞろい

    5.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    最近、役者さんの初期作を調べる機会が増えている。今を時めく人気俳優の若かりし頃を観ると「ほんとだ、出てた!」となる機会が多くて面白い。

    2011年のテレビドラマ『鈴木先生』は、作品としても...
    続きを読む 最近、役者さんの初期作を調べる機会が増えている。今を時めく人気俳優の若かりし頃を観ると「ほんとだ、出てた!」となる機会が多くて面白い。

    2011年のテレビドラマ『鈴木先生』は、作品としても面白いけど、生徒役で土屋太鳳さん、北村匠海さん、松岡茉優さんが共演していて、それぞれの初々しい演技を観られる。みんな結構大事なポジションを務めていて、そして今観ても雰囲気があるし演技がお上手。

    『鈴木先生』がどういうドラマかというと、ある中学校を舞台に、主人公の教師(長谷川博己さん)がいろいろな問題に直面していく、というお話。生徒が起こした性問題やいじめ、問題行動などなど……。とはいってもシリアスになりすぎず、鈴木先生の脳内妄想が文字になって画面に表示されたり、面白い演出やコミカルな要素も多くて非常に見やすい。元々、このドラマがブレイクして、長谷川博己さんや土屋太鳳ちゃんの知名度がぐっと上がったという位置づけなのだ。

    土屋太鳳さんが演じるのは、大人びた雰囲気を持つ美少女。鈴木先生は彼女のことが気になってしまい、脳内で「おやおや」という妄想をするようになったり……。という役どころなのだけど、抜群の雰囲気で演じ切っている。しっかりヒロインを任されていて、しかも存在感が抜群で、現在の活躍を観ても納得。

    北村匠海さんが演じるのは、問題を起こしてしまう優等生。まず単純にかわいい。第一印象が「かわいいな!」になると思うくらいかわいい。でも演技はこの時点で完成されていて、観た人は「この子役は誰だ?」ってなるだろうな……というのが容易に想像できる。

    松岡茉優さんが演じるのは、困った子がいると率先して助けに行くような正直な女生徒。このドラマは教卓からの景色が多いのだけれど、毎回しっかり映っている。そして、表情が豊かなのでついつい目が行く。リーダー的キャラにくっついていくけど本心はちょっとずれていて……というキャラクターは、『桐島、部活やめるってよ』にも続いていく絶妙な立ち位置だ。

    人気俳優の初期作を観られると、見方が変わるというか、歴史を感じられてすごく面白いなと思う。
    Amazon Primeなどで観られるので、ご興味があればどうぞ。
  • 2011

      鈴木先生

      2.8
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 3.0
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
      テレビ東京系 月曜 22:00 〜     22:54
      2011年
      最終回 2011年06月27日
      出演 長谷川博己 臼田あさ美 土屋太鳳 山口智充 小山燿 下山葵 藤原薫
      脚本 古沢良太 岩下悠子
      主題歌 ROCK'A'TRENCH 「光射す方へ」
      馬場俊英 「僕が僕であるために」
    • 鈴木先生

      人気俳優が生徒役で勢ぞろい

      5.0
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      最近、役者さんの初期作を調べる機会が増えている。今を時めく人気俳優の若かりし頃を観ると「ほんとだ、出てた!」となる機会が多くて面白い。

      2011年のテレビドラマ『鈴木先生』は、作品としても...
      続きを読む 最近、役者さんの初期作を調べる機会が増えている。今を時めく人気俳優の若かりし頃を観ると「ほんとだ、出てた!」となる機会が多くて面白い。

      2011年のテレビドラマ『鈴木先生』は、作品としても面白いけど、生徒役で土屋太鳳さん、北村匠海さん、松岡茉優さんが共演していて、それぞれの初々しい演技を観られる。みんな結構大事なポジションを務めていて、そして今観ても雰囲気があるし演技がお上手。

      『鈴木先生』がどういうドラマかというと、ある中学校を舞台に、主人公の教師(長谷川博己さん)がいろいろな問題に直面していく、というお話。生徒が起こした性問題やいじめ、問題行動などなど……。とはいってもシリアスになりすぎず、鈴木先生の脳内妄想が文字になって画面に表示されたり、面白い演出やコミカルな要素も多くて非常に見やすい。元々、このドラマがブレイクして、長谷川博己さんや土屋太鳳ちゃんの知名度がぐっと上がったという位置づけなのだ。

      土屋太鳳さんが演じるのは、大人びた雰囲気を持つ美少女。鈴木先生は彼女のことが気になってしまい、脳内で「おやおや」という妄想をするようになったり……。という役どころなのだけど、抜群の雰囲気で演じ切っている。しっかりヒロインを任されていて、しかも存在感が抜群で、現在の活躍を観ても納得。

      北村匠海さんが演じるのは、問題を起こしてしまう優等生。まず単純にかわいい。第一印象が「かわいいな!」になると思うくらいかわいい。でも演技はこの時点で完成されていて、観た人は「この子役は誰だ?」ってなるだろうな……というのが容易に想像できる。

      松岡茉優さんが演じるのは、困った子がいると率先して助けに行くような正直な女生徒。このドラマは教卓からの景色が多いのだけれど、毎回しっかり映っている。そして、表情が豊かなのでついつい目が行く。リーダー的キャラにくっついていくけど本心はちょっとずれていて……というキャラクターは、『桐島、部活やめるってよ』にも続いていく絶妙な立ち位置だ。

      人気俳優の初期作を観られると、見方が変わるというか、歴史を感じられてすごく面白いなと思う。
      Amazon Primeなどで観られるので、ご興味があればどうぞ。

    2010

    評価をする