山賀琴子の出演ドラマ

逃げるは恥だが役に立つ

4.3
  • 出演者 4.3
  • ストーリー 4.2
  • 演技 4.3
  • 映像 4.2
TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
2016年
最終回 2016年12月20日
出演 新垣結衣 星野源 石田ゆり子 古田新太 大谷亮平 藤井隆 真野恵里菜
脚本 野木亜紀子
主題歌 星野源 「恋」
原作 海野つなみ
  • 逃げるは恥だが役に立つ

    自分を愛そう、褒めよう、喜ばせよう

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5
    続きを読む コロナの影響で、軒並み新ドラマの放送が
    延期になる中、過去のドラマが
    再び地上波で観られるのはありがたいことです。

    中でもこの「逃げるは恥だが役に立つ」は
    わたくしと夫が同時に観られる数少ない作品のひとつで
    既にDVDも持っているのですが、特別編観てしまいました。
    現在のキャストの皆さんのリモート恋ダンス、素敵でしたね〜✨

    で、本編について。
    まずね…なにはともあれ
    新垣結衣さんの演じる、みくりちゃんが可愛い!
    往年の名番組の妄想をしたり、それによって
    数々のコスプレを披露したり(チアガール可愛い!)
    おっきな目をさらに見開いてる姿(可愛い!)
    いやもう、この役をガッキーにあててくれた人に
    最大の賛辞を送りたい!ありがとう!ありがとうッ!!
    もともと好きな女優さんだったけど、ファッションといい
    髪型といい、とにかく佇まい全てが可愛い!!
    彼女がみくりちゃんだったからこそ
    小賢しさすら、可愛く見えてしまったところもあると思います。
    (てか、こんなん小賢しさに入らんぞ?と思いながら
    観てましたけどね…w)

    そして対するのが、星野源さんが演じる平匡さん。
    この人がまぁ…キレ者のエンジニアなのに
    自己肯定感の低いこと低いこと…!

    わたくしも似たようなところがあるので
    この平匡さんのグズグズ感…すごくわかります。
    傍から見たら、どう見たって好意持たれてんじゃん!って思えても
    当の本人は「いやいや僕なんかが…」って
    引いちゃうとことか。
    「プロの独身」って線引きをして、そこから中には
    絶対他人を入れようとしないとことか。

    あぁぁ…やってましたやってました!なので、
    平匡さんの言動は
    時に首がもげるほど頷けるものばかりでした。

    ただね…わたくし、このドラマを観ていて
    反省せねばならぬ…と思ったことがありました。

    それは…平匡さんが風見さんに
    「あなたのような人には僕の気持ちはわからない」と
    突っぱね、酔いつぶれて、
    ゆりちゃんの車で送って貰ってるときの
    ゆりちゃんと風見さんの会話の中にありました。

    学生時代、風見さんは地味目の女の子と交際していました。
    人気者の自分に対し、ひっそりと影にいるような彼女。
    やがて彼女から、別れを告げられてしまいます。
    原因は…そう、「自分なんかと風見さんは釣り合わない」と言う
    自己肯定の低さからくるものでした。

    風見さんはこう言います。
    「彼女が自信を持てないことは彼女の問題なのに。
    あなたにどれだけ拒絶されても
    大好きだよって言ってあげれば良かったんでしょうね。
    向こうは僕の気持ちなんて考えちゃいないのに。
    自分ばかり見ている彼女に何を言えば良かったんでしょうね。」

    …うぁああぁぁ…刺さる…刺さりますよ風見さん…!
    平匡さんと昔の彼女に代わって謝りますッ!ごめんなさいッ!!
    そして過去のわたくしと関わった
    風見さんタイプの皆さんに
    わたくし…ジャンピング土下座をしたい気持ちで一杯になりました!

    考えてみれば、、平匡さんだって風見さんだって
    同じ人間で、傷つくこともそれぞれあるわけで。

    風見さんにしてみれば、いくら彼女に好きだと伝えても
    目の前に分厚い高い壁を作られたら
    心も折れてしまうだろうに…しかもその壁で
    風見さんを傷つけてるとは、自己肯定感の低い彼女は
    きっと想像もしてなかったでしょう。
    (だってわたくしもそうだったから)

    アカン…「自分なんか」って言う壁が
    時に人を傷つけてることがあるということ。
    これほど自己肯定感の低さからのしっぺ返しが響いたことは
    他になかったかもしれません。

    自分を守るための壁が、誰かを傷つける。
    その壁を壊す方法は…

    そこでタイトルの
    「自分を愛そう、褒めよう、喜ばせよう」となるわけですッ!

    そもそも、自己肯定感の低い人(含わたくし)は
    自分の言動で誰かが傷つくとは思ってないんですよ。
    だって前提に
    『こんな私が言うことなんか誰も気に留めない』って
    考えがあるからね…!

    でもそれって、関わってくれる人にも
    すごく失礼なことなのかもと思えました。
    ちゃんと向き合ってくれてる人に
    背を向けてるってことですものね…

    風見さんの言葉で、気づけたこと。
    ほんとわたくしには刺さりましたし
    自分のことを、ちょっとずつ認めてあげようと
    思えるようになりました。

    朝、自分のために御飯作って偉い!
    早起きできて偉い!
    機嫌が悪くても、ニコニコ出来て偉い!

    …誰も褒めてくれないなら
    自分でひたすら褒め続けるのですッ。
    どんな小さなことでもいい、
    ここにいていいんだ、こんな私でいいんだ!
    そう思えたらしめたもの!
    朝起きて、鏡を見て
    「今日もかわいい!」とつぶやくのも
    効果があるらしいですよ、奥さんッ!
    (さすがにそれは出来てません…が、がんばるッ💦)

    他にもゆりちゃんにかけられた「女子の呪い」の
    刺さった部分もあるんですけど、それはまた別の機会に…!

    自己肯定感の低い、わたくしのような方には
    ぜひとも観ていただきたいドラマです!
    そして、晴れやかな顔で
    恋ダンス…踊りましょうッw
  • 伊藤くん A to E

    3.1
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.2
    • 演技 3.1
    • 映像 3.3
    毎日放送系 火曜 深夜 01:18 〜 深夜     01:48
    2017年
    最終回 2017年10月03日
    出演 木村文乃 佐々木希 田中圭 志田未来 夏帆 山下リオ 山田裕貴
    脚本 喜安浩平 青塚美穂
    主題歌 ベリーグッドマン 「Pain,Pain Go Away feat.MUTSUKI from Softly」
    原作 柚木麻子
  • 伊藤くん A to E

    クズだけどイイ奴

    3.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    クズケン見たさに鑑賞。
    ふわふわチャラチャラしてるクズケンだけど、
    結局、純粋な良い奴で泣ける😭

    女の子にさらっと「今日は色っぽいね〜」なんて言えるクズケン。
    最高に耳福。
  • 突然ですが、明日結婚します

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2017年
    最終回 2017年03月20日
    出演 西内まりや 山村隆太 沢村一樹 杉本哲太 山崎育三郎 中村アン 古舘寛治
    脚本 山室有紀 倉光泰子
    主題歌 西内まりや 「Motion」
    原作 宮園いづみ

    4 あいの結婚相談所

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:15
    2017年
    最終回 2017年09月01日
    出演 山崎育三郎 高梨臨 鹿賀丈史 前田美波里 中尾暢樹 山賀琴子 加藤晴彦
    脚本 徳尾浩司 矢島弘一 清水友佳子
    主題歌 山崎育三郎 「Congratulations」
    原作 加藤山羊 矢樹純
  • あいの結婚相談所

    最高

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    超くだらないドラマだけど、めっちゃ面白い。
    つっこみどころ満載のこういうドラマ大好きです。笑

    山崎育三郎のキラキラ感がすごい役にハマっている!
    高梨臨ちゃんもかわいい。

    みんなで踊る謎のミュ...
    続きを読む 超くだらないドラマだけど、めっちゃ面白い。
    つっこみどころ満載のこういうドラマ大好きです。笑

    山崎育三郎のキラキラ感がすごい役にハマっている!
    高梨臨ちゃんもかわいい。

    みんなで踊る謎のミュージカルシーンが印象に残ってます。
  • 5 ヘッドハンター

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.1
    • 映像 2.9
    テレビ東京系 月曜 22:00 〜     22:54
    2018年
    最終回 2018年06月04日
    出演 江口洋介 小池栄子 杉本哲太 徳永えり 山賀琴子 岡田龍太郎 平山浩行
    脚本 林宏司
    主題歌 Beverly 「Baby don’t cry〜神様に触れる唇〜」
  • ヘッドハンター

    斬新なストーリーであった

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む ヘッドハンティングをテーマにしたドラマです。個人的には斬新だとは思ったのですがストーリーの運びがイマイチだと感じました。ヘッドハンティングされ全員がハッピーエンドになるという展開に少し飽きました。
  • 6 今からあなたを脅迫します

    2.6
    • 出演者 2.9
    • ストーリー 2.9
    • 演技 2.9
    • 映像 2.9
  • 今からあなたを脅迫します

    脅迫屋チームが好き

    5.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.0
    脅迫屋のメンバーがすごく好きだったー。みんな個性的で、それぞれどこかしらとんがってる感じ。島崎遥香ちゃんのファッションも毎回楽しみでした。
    脅迫屋といっても相手にするのは悪者ばっかりの「仕事人」...
    続きを読む 脅迫屋のメンバーがすごく好きだったー。みんな個性的で、それぞれどこかしらとんがってる感じ。島崎遥香ちゃんのファッションも毎回楽しみでした。
    脅迫屋といっても相手にするのは悪者ばっかりの「仕事人」スタイルなので、見ていて毎回スカッとできる。
    あと、あのディーン・フジオカがダジャレを言うのだ。ディーン・フジオカの顔でダジャレを…!たぶん、あとにも先にもそんなドラマ、なかなか出てこないんじゃないだろうか。
  • 2018

    2017

    2016

      逃げるは恥だが役に立つ

      4.3
      • 出演者 4.3
      • ストーリー 4.2
      • 演技 4.3
      • 映像 4.2
      TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
      2016年
      最終回 2016年12月20日
      出演 新垣結衣 星野源 石田ゆり子 古田新太 大谷亮平 藤井隆 真野恵里菜
      脚本 野木亜紀子
      主題歌 星野源 「恋」
      原作 海野つなみ
    • 逃げるは恥だが役に立つ

      自分を愛そう、褒めよう、喜ばせよう

      4.0
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.0
      • 映像 3.5
      続きを読む コロナの影響で、軒並み新ドラマの放送が
      延期になる中、過去のドラマが
      再び地上波で観られるのはありがたいことです。

      中でもこの「逃げるは恥だが役に立つ」は
      わたくしと夫が同時に観られる数少ない作品のひとつで
      既にDVDも持っているのですが、特別編観てしまいました。
      現在のキャストの皆さんのリモート恋ダンス、素敵でしたね〜✨

      で、本編について。
      まずね…なにはともあれ
      新垣結衣さんの演じる、みくりちゃんが可愛い!
      往年の名番組の妄想をしたり、それによって
      数々のコスプレを披露したり(チアガール可愛い!)
      おっきな目をさらに見開いてる姿(可愛い!)
      いやもう、この役をガッキーにあててくれた人に
      最大の賛辞を送りたい!ありがとう!ありがとうッ!!
      もともと好きな女優さんだったけど、ファッションといい
      髪型といい、とにかく佇まい全てが可愛い!!
      彼女がみくりちゃんだったからこそ
      小賢しさすら、可愛く見えてしまったところもあると思います。
      (てか、こんなん小賢しさに入らんぞ?と思いながら
      観てましたけどね…w)

      そして対するのが、星野源さんが演じる平匡さん。
      この人がまぁ…キレ者のエンジニアなのに
      自己肯定感の低いこと低いこと…!

      わたくしも似たようなところがあるので
      この平匡さんのグズグズ感…すごくわかります。
      傍から見たら、どう見たって好意持たれてんじゃん!って思えても
      当の本人は「いやいや僕なんかが…」って
      引いちゃうとことか。
      「プロの独身」って線引きをして、そこから中には
      絶対他人を入れようとしないとことか。

      あぁぁ…やってましたやってました!なので、
      平匡さんの言動は
      時に首がもげるほど頷けるものばかりでした。

      ただね…わたくし、このドラマを観ていて
      反省せねばならぬ…と思ったことがありました。

      それは…平匡さんが風見さんに
      「あなたのような人には僕の気持ちはわからない」と
      突っぱね、酔いつぶれて、
      ゆりちゃんの車で送って貰ってるときの
      ゆりちゃんと風見さんの会話の中にありました。

      学生時代、風見さんは地味目の女の子と交際していました。
      人気者の自分に対し、ひっそりと影にいるような彼女。
      やがて彼女から、別れを告げられてしまいます。
      原因は…そう、「自分なんかと風見さんは釣り合わない」と言う
      自己肯定の低さからくるものでした。

      風見さんはこう言います。
      「彼女が自信を持てないことは彼女の問題なのに。
      あなたにどれだけ拒絶されても
      大好きだよって言ってあげれば良かったんでしょうね。
      向こうは僕の気持ちなんて考えちゃいないのに。
      自分ばかり見ている彼女に何を言えば良かったんでしょうね。」

      …うぁああぁぁ…刺さる…刺さりますよ風見さん…!
      平匡さんと昔の彼女に代わって謝りますッ!ごめんなさいッ!!
      そして過去のわたくしと関わった
      風見さんタイプの皆さんに
      わたくし…ジャンピング土下座をしたい気持ちで一杯になりました!

      考えてみれば、、平匡さんだって風見さんだって
      同じ人間で、傷つくこともそれぞれあるわけで。

      風見さんにしてみれば、いくら彼女に好きだと伝えても
      目の前に分厚い高い壁を作られたら
      心も折れてしまうだろうに…しかもその壁で
      風見さんを傷つけてるとは、自己肯定感の低い彼女は
      きっと想像もしてなかったでしょう。
      (だってわたくしもそうだったから)

      アカン…「自分なんか」って言う壁が
      時に人を傷つけてることがあるということ。
      これほど自己肯定感の低さからのしっぺ返しが響いたことは
      他になかったかもしれません。

      自分を守るための壁が、誰かを傷つける。
      その壁を壊す方法は…

      そこでタイトルの
      「自分を愛そう、褒めよう、喜ばせよう」となるわけですッ!

      そもそも、自己肯定感の低い人(含わたくし)は
      自分の言動で誰かが傷つくとは思ってないんですよ。
      だって前提に
      『こんな私が言うことなんか誰も気に留めない』って
      考えがあるからね…!

      でもそれって、関わってくれる人にも
      すごく失礼なことなのかもと思えました。
      ちゃんと向き合ってくれてる人に
      背を向けてるってことですものね…

      風見さんの言葉で、気づけたこと。
      ほんとわたくしには刺さりましたし
      自分のことを、ちょっとずつ認めてあげようと
      思えるようになりました。

      朝、自分のために御飯作って偉い!
      早起きできて偉い!
      機嫌が悪くても、ニコニコ出来て偉い!

      …誰も褒めてくれないなら
      自分でひたすら褒め続けるのですッ。
      どんな小さなことでもいい、
      ここにいていいんだ、こんな私でいいんだ!
      そう思えたらしめたもの!
      朝起きて、鏡を見て
      「今日もかわいい!」とつぶやくのも
      効果があるらしいですよ、奥さんッ!
      (さすがにそれは出来てません…が、がんばるッ💦)

      他にもゆりちゃんにかけられた「女子の呪い」の
      刺さった部分もあるんですけど、それはまた別の機会に…!

      自己肯定感の低い、わたくしのような方には
      ぜひとも観ていただきたいドラマです!
      そして、晴れやかな顔で
      恋ダンス…踊りましょうッw
    評価をする