いだてん~東京オリンピック噺~ 25話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、いだてん~東京オリンピック噺~ が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在1 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

いだてん~東京オリンピック噺~ 25話

25話 「時代は変る」 全国放送日2019年06月30日

いだてん~東京オリンピック噺~ 25話の総合評価
3.2
  • 出演者 3.2
  • ストーリー 3.2
  • 演技 3.2
  • 映像 3.2

いだてん~東京オリンピック噺~ 25話のあらすじ

いだてん第2部の主人公である田畑政治が登場。新聞社に入社した田畑は、日本水泳を世界で戦えるレベルにしようと奮闘する。そして多額の資金援助を受けることに成功する。

【いだてん~東京オリンピック噺~ 25話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • いだてん~東京オリンピック噺~ 第25話

    いい歴史ドラマでした!

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 第一部の最終回、時間は関東大震災直後で、震災から立ち上がろうとする人々が描かれます。平成に起きた震災を思い起こさずにはいられません。そして、このタイミングで明かされる「いだてん」の意味。韋駄天は食べ物を集めて配る神様(だから『ご馳走』という!知らなかった!)。
    オリンピックでは「いだてん」になれなかった四三が、被災地に食べ物や物資を走って配り「韋駄天」になりました。仮設住宅で行われた運動会では娯楽としてのスポーツの可能性を感じさせ……完結!
    大正と令和、時間は隔たっているけど「地続き」であることを感じさせ、いい歴史ドラマ観たなー思いました。第二部は、だいぶ主人公のキャラクター変わりそうで、楽しみです!
評価をする