いだてん ~東京オリンピック噺~

22話 「ヴィーナスの誕生」 全国放送日2019年06月09日

4.0
  • 出演者 4.0
  • ストーリー 4.0
  • 演技 3.8
  • 映像 3.5

あらすじ

東京府立第二高等女学校で、スポーツの指導をすることになった四三。一方、四三の指導を手伝っているシマはある悩みを抱えていた。そこで四三の妻であるスヤに相談をすることにする。

  • いだてん ~東京オリンピック噺~ 第22話

    二階堂トクヨが坊主にしてた!?

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.8
    • 映像 3.5

    hikari

    フォロワー 0

    続きを読む

    女性が脚を露出するなんて破廉恥だと思われていた時代。
    大会で優勝したものの、走りにくいという理由で靴下を脱ぎ、脚を出した村田富江(黒島結菜)のことに、富江の父(板尾創路)が激怒。
    彼女を指導した四三(中村勘九郎)へ抗議に来るも、四三は「なぜ男はいいのに女が脚を出してはいけないんだ!」と言ったせいで、四三が学校を辞めさせられそうに。
    それを阻止するために女学生が教室を占拠し、立てこもる……。
    この女性たちが時代の流れに反発し、立ち上がるシーンは印象的だった。
    でも、個人的にもっと印象的だったのは、ずっと片思いしていた野口(永山絢斗)に妻子がいたことがわかって、失恋した二階堂トクヨ(寺島しのぶ)が、どうやらそのショックで頭を丸めたらしく。
    それでカツラをかぶっていたことが、シマちゃん(杉咲花)にバレたシーン。
    シマちゃんの口から「野口」という名前を聞いて驚いた瞬間、ヅラがズレて発覚したんだけど、そのときのズレ方がおもしろかった!

口コミを書く