【わたしの好きな映画&ドラマさんの視聴ドラマの口コミ・感想・評価一覧】

  • テセウスの船 第5話

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0

    心と由紀のハグに感動!

    必死の努力でつかみかけた真犯人に通じる手がかりが闇に葬られてしまった第5話。

    これって心は紀子の証言録音してないってこと?普通録音するよね。由紀がいたら絶対録音してたのに…。

    麻生祐...
    続きを読む 必死の努力でつかみかけた真犯人に通じる手がかりが闇に葬られてしまった第5話。

    これって心は紀子の証言録音してないってこと?普通録音するよね。由紀がいたら絶対録音してたのに…。

    麻生祐未さん演じるさつきが不気味な表情で鈴に近寄る姿や声色を変えたり…ほんとこわすぎるくらい演技がすごい!

    佐野文吾に語った由紀の言葉。
    「自分には見えていないものがあるって気づかされたんです」
    信じ合うことによって別々の現実が重なり合うような象徴的な場面だなぁ。

    そして運命に導かれるように再び心に惹かれていく由紀…ラストの2人のハグ。
    由紀が心を抱きしめ返したところにキュンとしたし、心も愛おしそうにハグしてるしめっちゃ泣けた。
    由紀と心、もう一度結ばれて欲しいなぁ。

    自分の事よりも、証言しようとしてくれた松尾さんの苦しみを理解して優しく微笑むお父さん…こんな人が絶対に犯人なはずがない!

    原作と異なる真犯人の存在も示唆されているみたいだし、ミステリードラマとしてここからが佳境!ますます見逃せない展開が続きそう。
  • 知らなくていいコト 第5話

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5

    尾高さんの大人な魅力にキュンキュン!

    吉高由里子ちゃん主演のお仕事系ヒューマンドラマ。

    5話では重岡くん演じる野中春樹が“逆壁ドン”告白&“不意打ちキス”される展開!
    てか告白されてからすぐデレデレしすぎでしょ!

    別れ...
    続きを読む 吉高由里子ちゃん主演のお仕事系ヒューマンドラマ。

    5話では重岡くん演じる野中春樹が“逆壁ドン”告白&“不意打ちキス”される展開!
    てか告白されてからすぐデレデレしすぎでしょ!

    別れた今もケイトが気になってしょうがないのがモロバレだし、あの別れ方以降ダメ男キャラがどんどん加速してるかんじ。それをうまく演じてる重岡くんすごいなぁ。

    そしてなんといっても尾高さんのイケメンっぷりは最高!
    5話のケイトの家に送って行ったシーンはヤバかった。

    納骨をひとりでした嘘がバレて「見ないで」というケイトに「何も見てないよ」と優しいトーンで言う尾高さん…。

    抱きつくケイトに対してちゃんとわきまえて“抱きしめないけど頭に手を置く”優しさ!さらに親指で撫でるという、これはもう指づかいのプロ!

    しかもこのシーンは“手をあげる”までしか指示されていなくて、頭ポンポンはアドリブだとか。

    とにかく大人な尾高さんとそれを演じる柄本佑さんが素敵すぎてキュンキュン。

    妻子持ちの尾高さんとケイトの歯がゆい関係性は今後どうなるのか?
    奥さんとのLINEがぎこちないような、寝泊りも自宅ではないような描写だしますます気になる!

    6話の予告でずぶ濡れのケイトに駆け寄って上着を掛けてあげる尾高さんと「今はまだ、不倫じゃない」というケイトのセリフ…どうなるの?
  • 病室で念仏を唱えないでください 第3話

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5

    死を通して描く“生きること”

    今期は医療ドラマが6作品も!なかでも異色中の異色といえるのが『病室で念仏を唱えないでください』。

    医者であり僧侶でもある伊藤英明さん演じる主人公が、救命センターの仲間とともに、患者の命と心...
    続きを読む 今期は医療ドラマが6作品も!なかでも異色中の異色といえるのが『病室で念仏を唱えないでください』。

    医者であり僧侶でもある伊藤英明さん演じる主人公が、救命センターの仲間とともに、患者の命と心を救うため、悩み、葛藤し、成長する日々が描かれている。

    松本照円が空回りしながらも、医師として“命”を、僧侶として“心”を救おうと奮闘する…このドラマによって、「人を救うのは医療だけではない」と気づかされる。

    『海猿』シリーズの大ファンとしては、海難救助の最前線で命を救う仙崎大輔の熱い男とリンクして、また海猿シリーズが観たくなってしまった。
    特に松本がプールで泳ぐシーンは勝手に胸熱!

    第3話の後半では松本穂香ちゃん演じる心臓外科の児嶋がたくさん出てくる回だった。救急に誘われる児嶋…どうなる?
    松本穂香ちゃんの演技好きだしかわいいから今後も楽しみ!

    そして、力及ばず号泣する中谷美紀さんの涙に泣いた…めちゃくちゃ泣きすぎてやばかった。

    命と向き合う過酷な現場。それを共に支え合う者だからこそ寄り添える気持ちもあるんだなぁ、とそんな絆を感じさせるラストシーンだった。

    三浦大知さんの主題歌「I'm Here」は三浦さんが原作と台本を読んで歌詞を手がけたという応援ソングで、これがまたとてもいい!
  • シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 第3話

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5

    本格アクションドラマ!

    清野菜名ちゃんと横浜流星くんがW主演を務める『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、もはや世界でも通用するレベルと言っても過言ではない二人のアクションで見ごたえあり!

    清野菜名ち...
    続きを読む 清野菜名ちゃんと横浜流星くんがW主演を務める『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、もはや世界でも通用するレベルと言っても過言ではない二人のアクションで見ごたえあり!

    清野菜名ちゃんは高校生の時にアクション養成所に通って本格的なアクションを学んだという経歴の持ち主だし、横浜流星くんは中学生時代に極真空手の世界大会で優勝したというアクション俳優としては完璧すぎる経歴の持ち主。

    ミステリーとしてのストーリー展開も楽しみだけど、日本ドラマでは決して多くない本格アクションドラマとしても期待充分!

    前回の第2話でも息の合ったアクションシーンがすごかったから期待していた第3話。
    今回は2人揃ってのキレッキレ“シンクロ回し蹴り”が見れて感動。

    アクションシーンとは打って変わって、図書館で自らの過去を告白するレンに自分も父を失ったことを告白してそっと“引き寄せハグ”する直輝…いや、ここ図書館だよね?

    ラストの直輝から精神科医・門田への「川田レンは、レンじゃないですよね?」という問いかけ。レンとしての記憶を植え付けられてる?初回から意味深に映っていたレン、リコそれぞれが塗り潰された写真の秘密がますます気になる。

    とにかく横浜流星好きにとっては優しい直輝と冷たい飼育員さんのギャップが最高すぎてやばい。
  • 恋はつづくよどこまでも 第1話

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.5

    佐藤健のドSキャラ最高!

    『恋はつづくよどこまでも』は円城寺マキさん原作の「これぞ少女漫画的展開!」という王道のラブコメ。

    原作は読んでいなかったけど、上白石萌音ちゃんと佐藤健くんはどちらも好きな俳優さんなので期待...
    続きを読む 『恋はつづくよどこまでも』は円城寺マキさん原作の「これぞ少女漫画的展開!」という王道のラブコメ。

    原作は読んでいなかったけど、上白石萌音ちゃんと佐藤健くんはどちらも好きな俳優さんなので期待して視聴。

    5年前に偶然出会った佐藤健くん演じるドクター天堂を想い続け、彼を追って看護師になった萌音ちゃん演じるヒロイン七瀬。再会した彼は思い描いていた人物とはまるで別人の“超ドS”キャラだった…医者に一目ぼれしたから看護師目指すって、ある意味すごい!ってかんじ。

    もうとにかく佐藤健くんのドSっぷりがやばいし、白衣姿はかっこいいに決まってる!耳元で「バカ」とか言われたらキュン死にするわ〜!
    というか『ぎぼむす』の麦田店長とのギャップ!

    上白石萌音ちゃんも純粋で可愛すぎだし、ヒロインとしてすごく好感がもてる。

    楽しみにしていたのは2017年放送『高嶺の花』出演以来の香里奈ちゃん。久しぶりの連ドラでうれしい!

    主題歌のOfficial髭男dism「I LOVE...」はドラマ終わってから鬼リピ中。
  • トップナイフ-天才脳外科医の条件- 第1話

    3.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    エンディングダンスきたー!

    今期注目のドラマ。なんといっても『医龍』や『コード・ブルー』など、日本の医療ドラマを牽引してきた脚本家である林宏司さんの作品なので期待値は大きい。

    また、主演の天海祐希さんとは『女王の教室...
    続きを読む 今期注目のドラマ。なんといっても『医龍』や『コード・ブルー』など、日本の医療ドラマを牽引してきた脚本家である林宏司さんの作品なので期待値は大きい。

    また、主演の天海祐希さんとは『女王の教室』『演歌の女王』の大塚恭司さん演出と、『離婚弁護士』『BOSS』の林宏司さん脚本との再タッグということでますます期待大!

    初回放送では、登場人物の紹介といった感じでこれから面白くなりそう。

    個人的に広瀬アリスちゃん演じる新人脳外科医・幸子がポンコツで面白い。
    そして、歳上にもガンガンタメ口キャラの永山絢斗くんは大好きな俳優さんなので毎週楽しみ!

    なによりドラマの雰囲気とは一変した華やかな衣装のキャストたちによるエンディングダンス。
    『女王の教室』でも踊ってたけど、時代が変わっても天海祐希さんの華麗なキレキレダンスは必見!

    JUJUさんの主題歌「STAYIN' ALIVE」もとてもよかった!

    今期医療ドラマが多いイメージだけど、トップナイフが一番よさそう。
  • 義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    続編に期待!

    連ドラ『義母と娘のブルース』の2020年謹賀新年スペシャル版で、亜希子の再就職から1年後がオリジナルストーリーで描かれる今作。

    捨て子の親探しをしながら皆で面倒を見ることになり、シングルフ...
    続きを読む 連ドラ『義母と娘のブルース』の2020年謹賀新年スペシャル版で、亜希子の再就職から1年後がオリジナルストーリーで描かれる今作。

    捨て子の親探しをしながら皆で面倒を見ることになり、シングルファーザーの子育ての苦悩や孤独が描かれている。

    ドラマ内では「孤独に育てる=孤育て」というワードが登場し、日本が抱える育児問題を逃げないで正面から描いていて考えさせられるドラマだった。

    寝かしつけようとベットに置こうとすると泣き出し、抱っこすると泣き止むという“子育てあるある”には、全ママパパ共感必須だったと思う。きっとこういう思いをしながら子育てしてる人がたくさんいるはず。

    難しいテーマで進んでいく中、亜希子お得意の腹踊り、能天気な麦田店長、幼なじみコンビ大樹とみゆきのほのぼのとした掛け合い、母娘ともに炸裂している天然ぶりなど、連ドラにどハマりしたファンとしては嬉しい演出が盛りだくさん!

    そしてなんといっても、みゆきの父、宮本良一にそっくりの“謎の男”が登場し、ラストには亜希子と対面するという、続編を思わせる終わり方にめちゃくちゃ期待!

    個人的に佐藤健と高岡蒼佑と川村陽介といえば…ルーキーズ!という胸熱なキャスティングでうれしかった。
  • グランメゾン東京 第11話

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 5.0

    最高の最終回!

    今期ドラマで最も面白かったと言ってもいい「グランメゾン東京」は“ヒーローは静かに去る”という王道ドラマだけど、料理人、仲間、師弟、ライバル、色々な関係性を描きながら、どのエピソードも最高に面白か... 続きを読む 今期ドラマで最も面白かったと言ってもいい「グランメゾン東京」は“ヒーローは静かに去る”という王道ドラマだけど、料理人、仲間、師弟、ライバル、色々な関係性を描きながら、どのエピソードも最高に面白かった。

    木村拓哉のかっこよさが詰まっていたうえに、鈴木京香さんや沢村一樹さんなど脇役を固める人達の演技、テロップ表示、素敵な料理のインサートなどどれをとっても最高!

    中でも、主役であるキムタクと同じジャニーズ事務所の後輩である玉森くんにとっては、プレッシャーがすごかったと思う。

    このドラマにおいて大きな柱となった「アレルギー物質混入事件」の犯人で、かつてのチームを解散させたきっかけでもあり、「グランメゾン東京」への最終合流メンバーとしての大役。

    最後まで平古祥平が尾花夏樹の弟子として活躍する展開で、玉森くんは本当に最高の役に恵まれたと思うし、素晴らしい演技だった。

    尾花とリンダの“勝負”で見せた木村さんと冨永愛の演技には心が震えた。

    「グランメゾン東京」の料理を食べて涙を流すシーン。
    リンダさんの涙が美しいしかっこよすぎる!
    冨永さんだからこそ出せる凄み。セリフを言わなくても顔だけでこの存在感はお見事としか言いようがない。
    リンダが冨永愛さんでよかった!

    尾花のラストのセリフ「俺たちでさぁ、世界中の星かっさらうってのどう?」
    これはもう続編期待しちゃいます!
  • 同期のサクラ 第10話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    両親を失ったことがきっかけで、故郷の離島に橋をかけることを夢見て花村建設に入社した忖度できない主人公サクラと同期たちの10年間を描いたこのドラマは、遊川和彦さん脚本の「過保護のカホコ」制作チーム... 続きを読む 両親を失ったことがきっかけで、故郷の離島に橋をかけることを夢見て花村建設に入社した忖度できない主人公サクラと同期たちの10年間を描いたこのドラマは、遊川和彦さん脚本の「過保護のカホコ」制作チームが再集結した、今期ドラマの中でも注目していた作品。

    最終回では黒川が社長に就任、花村建設は外資と合併することになり、すみれがリストラ候補となる。すみれのリストラを止めたいサクラだが、黒川に「リストラはサクラの提案がきっかけ、すみれの代わりのリストラ候補を決めろ」と命じられ、自ら退職願を出す。

    「私には夢があります」
    サクラが第1話から言い続けてきたセリフ。
    「ふるさとの島に橋を架けること」は叶うことはなかったけれど、叶えることのできた夢が「一生信じ合える仲間をつくること」

    縁あって再就職が決まったサクラと、そのサクラの投げかけた言葉一つひとつが土台を作り、それぞれの夢へと歩き出そうとする同期たちの歩く先に広がる未来が想像できた最終回。

    一緒に働く仲間の存在がどれほど重要かが感じられたし、そばにいる仲間を大切に、明日もがんばろうと思える前向きなラストに感動!

    なにより高畑充希さんの目から伝わる演技力がすごい!細かな表情の見せ方などサクラが乗り移っていたし、他の人にはできないハマり役だったと思う。

    台詞が明確で声に芯があって、回を追うごとにこんな柔らかい表情になるまで成長したサクラを演じた高畑充希さんは“いいです、ひじょーに、いい!”としか言いようがない。
  • G線上のあなたと私 第9話

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    中川大志くんの年下彼氏は最強!

    晴れて交際することになった理人と也映子。理人の初々しい年下彼氏ぶりにドキドキが止まらない第9話。

    告白が成功してニヤニヤが止まらず両手で顔を覆っちゃう理人の破壊力!予定が合わなくても「チラ...
    続きを読む 晴れて交際することになった理人と也映子。理人の初々しい年下彼氏ぶりにドキドキが止まらない第9話。

    告白が成功してニヤニヤが止まらず両手で顔を覆っちゃう理人の破壊力!予定が合わなくても「チラッと会う?」ってLINEしちゃうし、突然会いに来て「顔見たくなった。だめ?」はヤバすぎる。

    恋愛偏差値が中学生レベルで止まってる“無菌状態”理人をうまく演じてる中川大志くんがとにかくすごくいい!

    後半、思いがすれ違うふたり。「好きのその先を求めてしまう。でもそれは無理な話」と言うアラサー也映子に対して、「一緒にいるのが楽しい。それだけじゃダメなの?」と聞く理人。

    このシーンを見て、思わず『初めて恋をした日に読む話』の順子とゆりゆりを思い出した。同じ火曜ドラマ枠で年の差恋愛。女が年上だと直面するこの問題で、はじこいはハッピーエンドだったけど、この2人はどう乗り越える?

    9話最後で家出した幸恵さんもどうなるのか?まだまだ3人の掛け合いが見たいけど、次回いよいよ最終回。
評価をする