いいねが多かった口コミ

  • 半沢直樹2 第4話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    めまいがするくらい面白い!

    続きを読む 半沢直樹 4話

    東京セントラル証券編の最終回!
    面白いドラマを見るとレビュー書くとき、ピアニストくらい指が動きます。

    ただ、何故でしょう
    「半沢直樹」は超絶面白いのだが、ここがよかった!ここがよかった!と噛み砕いて感想言うドラマではない気がする。

    他のドラマのレビューを料理で例えると『コースメニュー』

    一品一品ごとに感想を言えるのだが

    半沢直樹に関しては『人生で一番美味しかった たい焼き』みたいなもの。

    死ぬほど美味かった!最高!
    でも褒めるとすれば「あんこ・焼き加減」くらいじゃないですか?

    『あれ?他のドラマはあんなに絶賛が止まらないのに・・半沢直樹は少なくないですか?』

    そうじゃなくて、どっちも最高なんだよ!
    なんなら人生で一番美味しかったたい焼きの方が死ぬまで覚えてると思う。

    なので半沢直樹のあんこ部分にあたる

    <後半の半沢直樹、電脳への追加融資を決定する役員会に殴り込み>
    を語らせてください!

    部下の伊佐山に裏切られた大和田が宿敵・半沢直樹と手を組み悪事を成敗する。
    何度も何度も言ってしまうが、もうスーツを着た時代劇!
    もう太秦で撮影してるんじゃないか、これ?

    前半戦のクライマックスだけあって
    堺雅人さん、香川照之さん、市川猿之助さん、古田新太さんの演技の気合いの入り方がエグかった!

    顔を近づけ、声を荒げる一髪触発なシーンが続く。

    このご時世に「ここまで近づける?」って言うくらい近づけます!

    ソーシャルディスタンスって2センチだっけ?笑

    顔芸も普段のだと刺激が足りないのか、いつも以上に顔を動かしていた。

    粉飾決済の証拠も入手し、伊佐山と三笠は万事休す!

    観てて実に痛快だったーー!
    ここまでスッキリさせてくれるドラマが近年あっただろうか?
    「半沢直樹」だけshowroomみたいに投げ銭システム導入できませんか?
    決まったーっと言うところで投げ銭したいです!!

    半沢はこの活躍で晴れて東京中央銀行に戻ることができた!
    『よかったー!』と思う一方
    もう東京セントラルのメンバーに会えないと思うとそれはそれで寂しい…

    賀来賢人さんが「今日から俺は」と全く違う演技を披露して話題になっていますが
    今田美桜さんの演技をもっと評価してほしい!!

    彼女の演技ってまだ若いのに気負ってなくてすごく柔軟。
    若い役者さんってテレビドラマっていうことに力んでしまい、パワーがどうしても先行してしまいがちだが、彼女は押し引きを心得た演技ができる。

    そんな今田美桜さんの演技を堪能できないのは寂しい。。

    日テレ「親バカ白書」の方に出演してるけど… 半沢直樹の方の役が良いんだよなぁ。

    来週からは『帝国航空再生計画編』
    これもまた傑作なんでしょうね。楽しみです。
  • 半沢直樹2 第4話

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    来ました!半沢直樹の醍醐味回

    IT企業買収編の完結回。うむ!徹底的に魅せてくれましたね。半沢直樹ゆえのスッキリ。
    まー、Twitterでもリアタイ組が大盛り上がりでしたね。

    市川猿之助さん、最後に見せてくれましたねー...
    続きを読む IT企業買収編の完結回。うむ!徹底的に魅せてくれましたね。半沢直樹ゆえのスッキリ。
    まー、Twitterでもリアタイ組が大盛り上がりでしたね。

    市川猿之助さん、最後に見せてくれましたねー。よかです~。
    香川照之さんも本領発揮ですね。うむうむ納得。
    ま、池井戸原作ドラマのいいところは、あまり引っ張らず、4回くらいでいったんスッキリ完結させてくれるところがイイですね。
    伊佐山もウザイウザイと思っていましたが、これで退場かと思うと少々寂しいですww。
    賀来賢人くんと今田美桜ちゃんも本筋から外れてしまうのはとても残念ですが、ま、これが半沢直樹だと思って次に期待しましょう。

    てことで、次回5話からの帝国航空編、そそられますねー。
    いきなり登場の江口のりこさん、超期待値高いですねー。今まで見ないような役、あの衣装、あの演技、何たる!なーんたる素晴らしい役者さんなことでしょう。ああ楽しみです。

    そして柄本 明さん、スゴイですねーwww。あの眼つき。悪者ですねー。最高じゃないですか!!

    銀行、企業を超え、次は国家権力との対峙!
    自分のなかで、『半沢直樹、今までとおんなじだなー、イマイチ…』と思っていた3話まででしたが、今回の4話を終え、ガゼン楽しみになってきました!
    流石です!だてに今まで、池井戸作品の歴史と視聴率を創ってきたヒットメーカーさんたちじゃありませんね。
  • MIU404 第7話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0

    メロンは何のメタファーか

    志摩と伊吹が家出少女に食べさせたメロンパンと
    久住が成川に飲ませたメロンソーダ、
    この対比がくっきり描かれた回でした。

    「メロンは何のメタファーなんだろう」
    そんな声がTwitter...
    続きを読む 志摩と伊吹が家出少女に食べさせたメロンパンと
    久住が成川に飲ませたメロンソーダ、
    この対比がくっきり描かれた回でした。

    「メロンは何のメタファーなんだろう」
    そんな声がTwitterのTLに流れてきたので考えてみました。

    メロンの花言葉は「豊富」「潤沢」「飽食」「裕福」「多産」。
    つまり「豊かさの象徴」だということ。
    けれどもメロンパンに果肉はなく、メロンソーダに果汁はない。
    要はどちらも「偽物の豊かさ」だと
    野木脚本は語っているのではないでしょうか。

    家出少女が手にしたメロンパンは
    警察が与えた仮の安住に過ぎない。
    成川がおごられたメロンソーダも
    エセの幸福そのものだ。
    そういう意味では、
    メロンパンもメロンソーダも本質的には変わらない。
    与えられる側がいつか自分の手で
    本物を手に入れなければならないのだと。

    さて、これまで犯人は社会的弱者だったのが、
    第7話にして同情の余地のない犯罪者になりました。
    その代わり、弱者の明暗が分かれることに
    スポットライトが当てられた。
    そのぶん要素が多すぎる印象になりましたが、
    ストーリーが散らかってでも
    りょうさんの弁護士を出しておく必要があったのかなと、
    これからの展開を楽しみに待ちたいと思います。
  • ミス・ジコチョー ~天才・天ノ教授の調査ファイル~

    3.5
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.5
    • 映像 3.0

    「失敗」に対する意識が変わった

    基本的に、「半沢直樹」とかを手がけた八津弘幸氏と、「おっさんずラブ」の徳尾浩司氏によるオリジナル脚本なので面白くないわけがない。

    そして、ドラマに出てくる失敗学のアレコレで、普通は起こして...
    続きを読む 基本的に、「半沢直樹」とかを手がけた八津弘幸氏と、「おっさんずラブ」の徳尾浩司氏によるオリジナル脚本なので面白くないわけがない。

    そして、ドラマに出てくる失敗学のアレコレで、普通は起こしてしまうのが怖くてマイナスなイメージの「失敗」について、失敗したからこそ学べることや、見えてくる真実がある、と、意識できるようになりました。そう思うと、失敗も悪くないし怖くない。

    ドラマはジコチューな天ノ教授と草食男子の助手のタッグがいい感じで、母親やシングルマザーなど登場人物たちが個性強めで魅力的だったし、ずっと変わらない松雪泰子さんの綺麗さと、嬉しそうに「わたし失敗しちゃった」という可愛さも堪能できる。

    1話完結ですっきりできるドラマでした!
  • 親バカ青春白書 第2話

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    楽しくなってきた

    何より今田美桜ちゃんがめっちゃ可愛い!!!
    いそうなナチュラル感(あんな美少女そうそういないけども!)
    ウザめの賀太郎に突っ込むところとかスッキリするし、いい!
    中川大志くんも純朴で「G線...
    続きを読む 何より今田美桜ちゃんがめっちゃ可愛い!!!
    いそうなナチュラル感(あんな美少女そうそういないけども!)
    ウザめの賀太郎に突っ込むところとかスッキリするし、いい!
    中川大志くんも純朴で「G線上のあなたとわたし」と違っていい感じなんだけど
    永野めいちゃんのさくらが目立ってないのと、
    (役回り的にしょうがないんだけど)
    友達役の美咲が今のところいる意味があるのかないのか微妙。
    そのうちこの子メインの回もあるのかしら。
    ムロさんは安定のムロさんて感じだけど、
    若い子に突っ込まれてるのは楽しいかも。
  • 半沢直樹2 第4話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0

    半沢直樹の水戸黄門化

    半沢直樹シーズン2は、シーズン1を継承しているようでいて、実はまったく性質が違うドラマになった、と言ってみたい.

    前作は経済サスペンスと、それにまつわる人間模様を描いたドラマに違いない.
    ...
    続きを読む 半沢直樹シーズン2は、シーズン1を継承しているようでいて、実はまったく性質が違うドラマになった、と言ってみたい.

    前作は経済サスペンスと、それにまつわる人間模様を描いたドラマに違いない.
    今作も同様の構えをとってはいるけど、見ている自分の視線が全然違っている.
    自分の目が求めているのは、絶対的な窮地を脱する半沢直樹の活躍ではなく、その半沢の活躍によってギャフンと言わされるおっさんたちの “悔しがり” やあたふたぶりの演技・顔芸になっている.正直、半沢が勝つに決まっている経済要素は、私のなかではすでに、大和田や伊佐山、その周辺の小物たちの顔芸のためのお膳立てに過ぎないものになってます.

    ストーリーはシリアスだけど、大和田が出るとニヤニヤしてしまうし、伊佐山が悪態をつけば後々どんな表情でそれを回収するのかとワクワクしてくる.半沢直樹2はそんなドラマになってきてる.

    それもこれも、香川照之が成し遂げてしまったことなのでしょう.シーズン1のあまりに印象的なあのシーン.今回もオマージュされたあのシーンは、今後さまざまな新しい敵役たちによって、繰り返しオマージュされるのではないかとすら感じてて、それはそれで面白いと思う自分もいるのです.
  • アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 第4話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5

    だんだんキャラが立ってきて

    良くなってきています。
    病院・医療系の定番ではありますが、いろいろな患者さんを通して、キャストを一人一人深堀りしていく…という感じ。
    今回は、井之脇海くんですが、おせっかいばっかりしか取り柄...
    続きを読む 良くなってきています。
    病院・医療系の定番ではありますが、いろいろな患者さんを通して、キャストを一人一人深堀りしていく…という感じ。
    今回は、井之脇海くんですが、おせっかいばっかりしか取り柄が無いように見せかけといて、こんな深いものを背負っていたなんて…大病院の跡取り息子、若干の既視感は感じますが、胸熱のお話だったのでグーです!

    今後も、田中圭くん、西野七瀬ちゃん、桜井ユキさん、成田凌くんなど重要人物も次々とスポットが当たり、いい感じに展開していくと思いますが、個人的には金澤美穂さん(メガネの工藤虹子さん)を期待してるんですがね…。

    さて、もう一つの楽しみと言いますか、
    このドラマの最高にして最大の素晴らしきは…エンドロール。
    退院した患者さん達の後日譚ですよね。手抜きのない終わらせ方で、素晴らしい構成だと思います。
    今回は、中華料理店・娘娘亭(にゃんにゃんてい)の一家のお話がまだ続くので、エンドロール物語はありませんでしたが、次くらいには見られますかね。とても楽しみです。

    今シーズンでも上位に来ると思われる本作、今後にも大きく期待しています。
  • MIU404 第7話

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0

    緊密な脚本が心地いい

    最初から最後まで息つく暇なく怒涛の展開.気づくとエンディングになってるという脚本が凄い.

    今話だけでもいくつものストーリーが縒り合わされていて、しかもそれぞれの登場人物に奥行きがある.それ...
    続きを読む 最初から最後まで息つく暇なく怒涛の展開.気づくとエンディングになってるという脚本が凄い.

    今話だけでもいくつものストーリーが縒り合わされていて、しかもそれぞれの登場人物に奥行きがある.それに加えて、全体を通して散りばめられた伏線も強い引きになっていて、とりわけさわやかに暗躍する菅田クンが不気味で強い.

    これだけ欲張るととっちらかってしまいそうだが、小気味好いリズムで、それぞれがわかりやすく入ってくるところに本当に感心してる.

    切り取る世相にも刺激される.トランクルームは、おじさんにとっては要らないものの置き場所だが、少女たちにとっては自分たちのもっとも大切なものをしまっておく心の支えになっている。

    「なんでここにいるんだろう
    いつまでこうしてるんだろう
    いらないものを置いておく
    この箱の中でただ存えて
    意味があるんだろうか」

    「つかここにいらないものなんておいてないよね」
    「宝物、置いてあります」

    このやりとりが印象的だった。
  • 妖怪シェアハウス 第2話

    3.5
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5

    陰陽師が気になる

    今回も軽快で面白かった.
    ポップすぎるキクちゃんとセクシーすぎるイワちゃんのとりあわせが可笑しい.

    クズ男を懲らしめるストーリーが連続しているところをみると、このドラマ全体のテーマなのか...
    続きを読む 今回も軽快で面白かった.
    ポップすぎるキクちゃんとセクシーすぎるイワちゃんのとりあわせが可笑しい.

    クズ男を懲らしめるストーリーが連続しているところをみると、このドラマ全体のテーマなのか、それとも単なる偶然なのか?

    この後の展開への伏線もいろいろ出て来た.
    今回の敵役・スター編集者に対して情のあるところを見せたパワハラ編集長.澪の気づかないところでいいところを見せていて、只者ではない感がにじむ.こういうのはグっとくるね.

    只者ではない、といえばアラナミ八幡の神主・ユズルくん.シェアハウスの大家さんなのになぜか妖怪たちのご機嫌をとっている.それも今に始まったことではないようだ.加えて、それとなく澪に釘をさし、護符まで授けた行動の意味は?

    さらに気になるのは、ヘビやムカデすら入ってこれないほどの結界を張れた凄腕陰陽師の祖父や、放蕩に出てしまったという父親.
    いったいどんな展開が待っているのか楽しみ.
  • 半沢直樹2 第4話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    前作の最終回に匹敵するほどだった!

    自分の ツイッター の実況ツイートが100件以上を超えるのが物語ってる通り、約1時間15分を録画した4話をゆっくり名言を一つ一つ聞き逃さずに見たので実際よりかは長い時間で見た感じにはなりました。... 続きを読む 自分の ツイッター の実況ツイートが100件以上を超えるのが物語ってる通り、約1時間15分を録画した4話をゆっくり名言を一つ一つ聞き逃さずに見たので実際よりかは長い時間で見た感じにはなりました。
    とにかく、個人的な評価としては、前作のシーズン1の最終回に匹敵するぐらいの内容で大満足でした。
    堺雅人 の早口の演技が凄まじく、7年前のあの感動が蘇ってきた感じでした。
    令和 の新時代に数年後残しても良いぐらいの4話となったと思います。
    香川照之 さんの演技がとにかく凄すぎて、やっぱ、半沢直樹 には絶対彼は必要不可欠なんだと改めて感じさせる回になったかもしれないです。
    クライマックスの雰囲気なのに大爆笑するシーンが多く、これも半沢直樹らしいなと思いましたね(笑)
    個人的には、死んでも嫌だね はやっぱ迫力あったし、江口のりこ 演じる、国土交通大臣の「い・ま・じゃ・な・い!」の台詞に大爆笑でした。
    半沢直樹(堺雅人)が、東京中央銀行に栄転となる前のセントラル証券での仲間達に対する労いの言葉も素直に感動しました。なんか、自分に言われてる感じがして、いつまでも心に残る名言になったと思います。
    後、伊佐山(市川猿之助)が副頭取(古田新太)に「詫びろ」と言われた後に、半沢に嫌々な感じで、「誠にすいませんでした」とスローモーションな感じで言うシーンは、個人的に、前作のシーズン1の大和田(香川照之)の土下座シーンを重ねてしまい、7年前とは違う名シーンが生まれた感じで、続編物ではありますが、こちらもドラマ史に残しても良いなと素直に感じました。
    半沢が、伊佐山だけでなく、副頭取も蹴落とし、見事に大逆転の倍返しを完了できたのもすっきりした展開で良かったな。
    次回からは、帝国航空と国家権力に挟まれながら闘っていかなきゃいけない 半沢直樹 。
    キャスト陣も第一部よりも豪華なキャストが勢揃いでこれはひと悶着ありそうな感じがしますね。第一部のクライマックスの4話をさらに超える展開を5話以降も期待したいです。
    しかし、4話のラストシーンに出てた 柄本明 さんの佇まいがラスボスな雰囲気が出てて怖かったな。半沢の後半の最大の敵は彼かと思いつつ、本当、第2部も予想ができないスリリングな展開を実況ツイートしながら楽しみたいです。
  • 半沢直樹2 第4話

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5

    愛おしすぎる大和田さん

    続きを読む いやーー今回も力が入った!香川照之さんがSNSで「4話は、もう本当に伝説の回になります」と言っていた通り伝説だったし、大和田さんが好きすぎた!

    まず、大和田と半沢直樹が対峙するシーンになっただけでワクワク!やっぱりこのコンビの対決ですよ!半沢直樹が困っていることが、とにかく嬉しい大和田。憎ったらしィ~のにたまらなく大好き!!からの、「死んでもヤだねッ!」は、キターーー!!!ですね。んで一回帰りかけて戻ってきて、半沢直樹に怒鳴られて一瞬ビクッッ!となってユラユラ揺れて「やるよ」までが最高だった。

    なんだろう。この日曜日の夜に、私のテンションを上げてくれる大和田さんが愛おしくてたまりません。そのあとの会議室で三笠さんたちに挑むところも、香川照之さんの細かい演技がとにかく上手くて、香川さんが大和田にしかもう見えない。敵なのに愛されキャラが過ぎる!

    そして、半沢直樹の「大企業にいるからいい仕事が出来るわけじゃなく、どんな会社にいても、どんな仕事をしていても、自分の仕事にプライドを持って 日々奮闘し、達成感を得ている人のことを 本当の“勝ち組”と言うんじゃないかと、俺は思う」という勝ち組の話、素晴らしい。そう思って働きたい。

    さぁ!次は帝国航空の抜本改革!そこに政府もからんできて、柄本明さんも江口のりこさんもクセしかない中での闘いが始まる。債権放棄は「民主党政権下でのJAL」というホントにあったコワイハナシ!とりあえず半沢直樹とミッチーたちは、あの小料理屋でペラペラ話すのやめたほうがいいと思うよ!
  • 半沢直樹2 第4話

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0

    電脳決戦のクライマックス

    続きを読む 4話は電脳決戦のクライマックスで激熱、超激熱!

    やはり半沢&大和田が並ぶとドラマが締まりますねー。
    大和田の「死んでも嫌だねっ!!!」にはもれなくテンションが上がりました。
    二人がタッグを組むのも熱いし、ところで大和田、泣いてましたね(笑)

    電脳決戦の結果、伊佐山&三笠副頭取は電脳へ、半沢は東京中央銀行に生還。
    異動が決まった半沢の最後の「勝ち組、負け組」の話がとても心にきました。

    そして今回は、半沢の「信念」が語られました。

    一つ、正しいことを正しいと言えること
    一つ、組織の常識と世間の常識が一致していること
    一つ、ひたむきで誠実に働いた者がきちんと評価されること

    この一見”当たり前”の言葉に込められた思いのスケールは特大!
    責任感強すぎな上司の下で働く人たちはどんな人間になるんだろう。
    森山は証券会社で働く仕事にやりがいを見出したようです。

    今回、電脳決戦が終わり、次は700億円の負債を抱える帝国航空の再建。
    しかし、政府も闘いに参加してきて、これからのスケールがでかそう!
    政府側のキャストに柄本明さん、江口のりこさん、児嶋だよ!の面々。
    石黒賢さんも含めて新たなキャストで新たな闘い、楽しみです。
  • 妖怪シェアハウス 第2話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    2話も勢い衰えず

    ほんと好き。いわちゃん、ぬらぴょん、うたちゃんの3人のノリほんと大好き。何より松本まりかさまが楽しそうに、実に楽しそうにやってくれてるのが好き。ゴリゴリのサイコパスも好きだけど、こういう明るい感... 続きを読む ほんと好き。いわちゃん、ぬらぴょん、うたちゃんの3人のノリほんと大好き。何より松本まりかさまが楽しそうに、実に楽しそうにやってくれてるのが好き。ゴリゴリのサイコパスも好きだけど、こういう明るい感じ(とはいえ過去はアレだが)のキャラ、また演じてほしいな。

    そして今回ゲストのお菊ちゃん、ちっちゃい頃から知ってる怪談のひとつだけど、まさか令和の世になってあんなにアグレッシブに皿攻撃(物理)をしてくるとは思わなかったwww
    さらに最後の1枚、このドラマであんなに華麗なアクションが見られるとは思わなかったwww

    勧善懲悪コメディで見てて楽しいし、いいキャストが揃ってるし、視聴者を楽しませようとしてるのがよく伝わってくる。ほんと楽しい!
    こういうので子どもとか若い子たちが日本の妖怪・怪談に触れるきっかけになったらいいなー。畏怖の念もついでに覚えてくれたらなおよい。
  • 妖怪シェアハウス 第2話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    現時点で素直に今期ナンバー1!

    続きを読む これは、素直に、2話の時点だが、今期ナンバー1と言っても良いかもしれません。キャスト陣の熱演もそうだが、自分が、ハッとしたのは最後、神主さんこと水岡譲(味方良介)が澪(小芝風花)にお守りを付けて、「ここを出て行った方が良い」と言った事。これって澪が妖怪達に生気を吸い取られてるとしたら今後の伏線回収が期待できそうでだからこそ、今期ナンバー1と思ったのかも。実際本当にどうなるか分かりませんが。
    やっぱ、2話は、お菊ちゃんを演じた、佐津川愛美 の演技が過去で1番のはまり役と自分が絶賛してしまうぐらい凄く良くて本当、見てて楽しく演じられるのが見えて心地よかったです。
    相変わらず、妖怪さん達に愛着が湧きますし、本当、素直に一緒に住みたいなと感じますが、実際は一緒に住んでたら落ち着かないかもな。でも、皆、良い人達なのは間違いないですね。
    後、今回もクズな男を成敗するのが、妖怪版 半沢直樹 みたいに思えて勧善懲悪がはっきりしていてそこも見やすくて良いですね。そこもこのドラマにすでにかなりはまってる証拠かも。
    次回は、酒呑童子(毎熊克哉)回だったり、ゲストに、松田るか 登場だったり、またすごく楽しみなので来週もリアルタイムで実況しながら楽しみたいです。本当、今から素直に待ち遠しいです。
  • MIU404 第7話

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5

    陣馬さん爆走

    続きを読む 今回は陣馬さん回だったのでは〜〜!
    ぐいぐい良いコンビ感を出し始めている陣馬さんと九重くん。
    今の、現在地の九重くんなら、成川くんとの今後のことに向き合える!
    絶対大丈夫って思いたい!

    あと陣馬さんが息子さんと婚約者の食事会にいくのを渋ってたとき、
    志摩と伊吹ふたりで背中を押す手のカットが入ってて良かったな〜。
    こんな風に背中を押してくれる人がいれば
    10年もトランクルームで隠れて生きていかずにすんだんじゃないか?
    って、そんな風に思ってしまう。
    ここでも、「誰と出会うか」なんだよねえ…。

    この4機捜が対峙しなくてはいけない菅田くんってどんだけ悪いのよ?
    成川くんに薬を見せるときのシーン、まじで怖かった。

    そして来週はムーミン好きのあの人が登場するるる〜〜!
  • MIU404 第7話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    大人としての姿勢

    続きを読む 第7話「現在地」
    10年箱の中にとどまり続けてしまった人の現在地。4機捜メンバーそれぞれの現在地。そして成川の現在地。

    第3話の「分岐点」からの流れで考えるのがいいのかな?多分。

    ずっと語られ続けている弱者の救済と同じく、このドラマは「大人が大人として次の世代に何を伝え、どう向き合うか」をかなり意識的に描いているんだよなあ、と。家出少女たちが見知らぬ人の家に泊まることを防ぐために、志摩は“自分が”悲しくなる、と伝えた。弁護士のジュリは福祉を頼るという選択肢があることをキチンと少女たちに伝える。反対に、成川が自分のことについて「捕まっていないから無実」という背筋の凍るような持論を展開したとき、ナウチューバーの彼はそのおかしさに気がついていたのにネタとしてのオモシロを優先する。久住も成川に住むところや仕事を与えているようで、彼の人生を搾取している。ほんとに、ストーリーに絡めてビンビン発せられているメッセージがすごいよね!

    あと陣馬さんが、息子がちゃんと家庭を省みる男なのは、“息子自身が”掴み取ったものだと話すこと。九重の父親との関係がテンプレではなく、ちゃんと息子の未来を見たキャラクターとして描かれていたこと。今までのドラマだったら陣馬さんのセリフは「俺はなにもしてない、全部女房のおかげです」的なものになっていただろうし、九重の父親は息子の意見を尊重しない高圧的で冷たく権力を第一に考える男として描けかれていたでしょう。そこをちゃんと今の感覚の置き換え、テンプレ的キャラクターやセリフで語らないのが野木亜紀子さんのすごいとこだなーーーーって思いました。ちゃんと「自分に軸を置くことの大切さ」をバシバシ伝えてくれていてマジで最高。
  • MIU404 第7話

    2.5
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0

    トランクルームに10年間住む住人

    続きを読む 今回のテーマはトランクルーム。

    トランクルームに10年、、。 
    10年間ひっそりと一歩も動かず誰にも見つからなかった。自主しずに逃亡するってことは、この先の人生どうどうと生きられることもない。ただただ、この先の人生ひっそりと暮らすしかない。指名手配されて逃げるのは相当覚悟がいることだと思った。助けてと言っても助けてくれる人達が周りにいなかった。周りに助けてと言って助けてくれる人達がいるだけで、私達は幸せなのかもしれない。

    トランクルームを使う人は変わり者ばかりだ。
    ベビーメタルの子達は、家で少女でありネットカフェで暮らしている。そして、宝物を置く場所がないからトランクルームを使っている。


    じゅりが最初はコスプレイヤーとして出てきたが、じつは弁護士であった。弁護士の格好して出てくるじゅりがイケメンである。


    大人は悪い大人もいるけれど、少ないけれど良い大人は必ずいる。
    良い大人を大事にしていきたい。

    刑事物であるけれど、エンターテイメントでもあり、ヒューマンドラマでもあるなと感じた。
  • 私の家政夫ナギサさん 第4話

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5

    全てを疎かにできない人生の転換期

    20代後半でバリバリ仕事をこなすが、仕事に没頭していて、家事や恋愛は後回しになってしまっていた女性が主人公。
    それでも母の暗示であるかのような「メイはやればできる子」という言葉により、何でも全...
    続きを読む 20代後半でバリバリ仕事をこなすが、仕事に没頭していて、家事や恋愛は後回しになってしまっていた女性が主人公。
    それでも母の暗示であるかのような「メイはやればできる子」という言葉により、何でも全て自分でこなしていかないといけない囚われを抱えていた。
    そんな主人公メイに多部未華子さんがめっちゃハマりすぎて、もはや彼女の当て書きなんじゃというくらいによい!(原作があるので違う)

    何かと仕事を優先してしまうのも、家のことが疎かになってしまうのも、恋愛になかなか踏み込めないのも、なかなかにわかりみが深い。
    何か違うところがあることといえば、自分には趣味がわりとあるくらいかな。笑

    男女の違いはあれど、何かと境遇が似通っていて、一つ一つの言動がゆるーく刺さってくる。
    全体的にゆったりとしていて非常に見やすく、ゆるっといつまでも観ていたくなる今クール最高の癒しドラマ。

    まさか大森南朋さんが家政婦で、しかもこんなに癒し要素の強い役をこなせるなんて驚き!
    近くで彼の出ている作品で観た作品は、『初恋』や『ビジランテ』だったりするので、この役のイメージは全くなかった。笑
    でもちゃんと見ると、確かに優しい雰囲気を纏ってる方でわりとハマり役だなと!

    基本的に出てくる人たち全員に程よい余裕があって、悪者が出てこない成長物語ってのが、自分の好きなドラマっぽさがあって観てるのが心地よい。

    『G線上のあなたと私』『逃げ恥』『凪のお暇』辺りを彷彿とさせ、お仕事の様子がわりとしっかりと描かれているので、近しい境遇の人に寄り添ってくれている感じがする。

    ◯◯は◯◯というステレオタイプはもう古いんだと言わんばかりに、それぞれがそれぞれの決めつけて発言してしまったことに対し、誤りを受け入れる姿もすごくよい。
    メイ母とメイの間に入ってナギサさんが、メイ母を諭して2人にわだかまりがなくなっていくシーン特によかった!
    今っぽいドラマだなと!

    家政婦については、この作品を観るまでそんなに気にも留めるとがなかったけど、こんなに身体的にも精神的にも支えになってくれるものなんですね。
    仕事しながら家事もやってみたいな生活をしていると、確かに家政婦の方がいてくれるだけで少しだけでも安らぎの時間を過ごすことができるし、何より部屋がいつも綺麗な状態で過ごせるってそれだけでよい。

    あと料理が全てとても美味しそう。
    基本的に外食ばかりなので、家庭の味かつ栄養バランスのよい食事を堪能できるようなサービスとか出てこないかなーと思ったり。笑

    物凄い転換点や盛り上がるシーンがあるわけでもなく、展開もわりとゆったりめに進んでいくので、そういうのが苦手な方に関しては相性があまりよくないかも。

    今後については、メイを取り巻く恋愛関係についてとメイの仕事の成長について、そしてナギサさんがどのようにメイと関わって関係を育んでいくのかが楽しみです!

    メイと田所はもう付き合っちゃってもおかしくないけどね!笑
    あの四角関係がどう転んでいくのか。
    このドラマだったら大丈夫かなとは思うが、ドロドロな感じにはならないことを願う。

    キャストの安定感しかりで、とても安心して観ていられるドラマです!
  • 勇者ヨシヒコと魔王の城 第12話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    野間口徹がはまってた!

    最終回もこの作品らしい、緩々な部分もありで面白かったですが、後半は、魔王ガリアスとヨシヒコとの一騎打ちが良かったです。魔王ガリアスの声が、ドラゴンボール シリーズでフリーザ の声をやってる、中尾... 続きを読む 最終回もこの作品らしい、緩々な部分もありで面白かったですが、後半は、魔王ガリアスとヨシヒコとの一騎打ちが良かったです。魔王ガリアスの声が、ドラゴンボール シリーズでフリーザ の声をやってる、中尾隆聖 だったので、さすが、この作品のラスボスを務めるだけあって、声の演じ方がしっかりしていて素晴らしかったです。魔王の姿が緩々だったのはこの作品らしかったですが。
    ただ、魔王ガリアスが、巨大化して第2段階に入った姿がおどろおどろしい感じで怖さがあり、ヨシヒコが最後に闘う相手としては申し分ない感じで良かったです。最後は無事に、魔王を倒してハッピーエンドで終わったのは、RPGらしかった。
    魔王を倒した後、それぞれの旅立ちをしっかり描いたのもしっかりしてましたし、良かったです。ヨシヒコも無事に、妹がいる故郷の村に戻れて良かったです。
    しかし、魔王ガリアスの最強の部下のゴードンを演じた、野間口徹 がはまってて良かったな。ゴードンがしかも正直、魔王ガリアスよりも強く感じ、一瞬にして勇者パーティーを一人以外、炎で全滅させるのは凄かった。後、魔王ガリアスのアジトが、魔王ビルで普通の事務所だったのも受けたし、受付嬢(黒坂真美)が、ヨシヒコに、「殺しに来たのですか?」と対応するのが面白かったです(笑)
  • SUITS/スーツ2 第5話

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5

    衝撃の玉井解雇で終わり、びっくり。

    衝撃の玉井(中村アン)解雇で終わった回でした。正直、彼女が隠蔽に手を出してしまった展開もよく分からずな感じだったんでそこはもやもやしてしまったのが残念。次週から、マカオ展開になりますが、ここで切... 続きを読む 衝撃の玉井(中村アン)解雇で終わった回でした。正直、彼女が隠蔽に手を出してしまった展開もよく分からずな感じだったんでそこはもやもやしてしまったのが残念。次週から、マカオ展開になりますが、ここで切り替わるのも納得いかないな。
    多分、玉井は、絶対これで終わらないと思いますし、前に3話の冒頭で見せた事務所内裁判展開があったんで、そこで彼女が再び絡んでくるのかなと思ってますが、それまでは、中村アン という癒しの種が一人、いなくなるのは残念だが待ちたいと思います。
    玉井と甲斐の隠蔽絡み問題の裏で、大貴(中島裕翔)が一人で親子問題の案件を片付けたのは褒めたいなと思いました。何気に甲斐(織田裕二)がいなくてももう一人でやっていけるのかと思いました。
    事務所内がピリピリムードな中、今週も蟹江先生(小手伸也)が唯一の癒しで良かったです。正直、スーツの中では彼のキャラが1番好きなので、もっと彼のシーンが見たいかも。
評価をする