• 過保護のカホコ

    笑えて泣けて胸キュンな花丸ドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 最初はブリブリお嬢様のカホコ(高畑充希)にイラッとしてたけど、だんだんカホコが愛しくなってきました。だってホントに素直でストレートで世間知らずで可愛い。もう母親目線で守ってあげたくなっちゃいました。
    そのカホコを私の代わりに守ってくれたのが麦野はじめくん(竹内涼真)この若者がまたいい!
    素直じゃなくてなかなか優しさを表に出せない性格だけど、内に秘めた優しさは半端ない。
    カホコを叱咤激励しながらしっかり理解して守ってくれる。
    画家を目指すはじめくんにカホコは「はじめくんは天才だよ。きっといつかピカソを越えるよ。」と褒め称える。が、しかし、はじめくんが書いた絵画を見せられた時の評価はかなり厳しい。「こるはダメ!これもダメ!論外!」とせっかくの作品を破いてしまう始末。はじめくんはそんなカホコに怒りを感じながらもハッキリと評価を口にしてくれるカホコに好意を持つ。
    カホコの両親は辛い不妊治療の末にやっと授かった一人娘のカホコが可愛くて仕方ない。特に母親はカホコの身の回りの事から全てを指示して強要するため、カホコはいつまでも一人立ちできない。しかし麦野くんに出会って初めて母親に歯向かう。
    だんだんと大人になっていくカホコがホントにいとおしい。可愛いカホコと不器用でカッコいい麦野くんにまた逢いたいです。素敵なドラマでした。
トップページにいく このドラマのほかの口コミを見る
コメントを投稿するにはログインして下さい!