口コミで見つかる、とっておきのドラマ。

PICK UP 口コミユーザー

急上昇 ドラマランキング

国内 ドラマランキング

海外 ドラマランキング

韓国 ドラマランキング

CS・BS・ネット ドラマランキング

話題の俳優

いいねアイコン いいねが多かった口コミ

  • 病室で念仏を唱えないでください 第10話

    仏の言葉よりも

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 医師として肉体を救命し、僧侶として魂を救済する。
    その二つの任を果たそうと、松本先生は日々格闘している。
    でもその戦いは挫折の連続。
    失敗するたびに落ち込み、自問し、悩む松本先生。

    そんな彼の周囲には、しかし、人々が絶えず、立場や考え方を超えて集ってくる。
    「人気者は僕じゃない」という、“おじさん” の決めセリフがそれをよく表していたと思う。

    仏になることができるのに、そうならずに人の傍にとどまる。
    “上がり” にならず、人と一緒にこの世のステージに止まって、苦楽を共にする。
    人に伝わるのは、そんな菩薩の在り方だ。
    悟りを開いた仏の言葉は、そのままでは届かない。
    「病室で念仏を唱えないで」というタイトルは、このことの言い換えなのかも知れない。
    病室で格闘する人々に必要なのは、完成されたお経ではなく、松本先生が体現する温かい行動だ。

    でも最後、おじさんの死に臨んで詠まれた松本先生のお経には、苦情は出なかったという。
    それはきっと、仏の言葉を松本先生が魂のこもったものにできた証、ではないのかな。

    いいドラマ、だったと思います。最後まで見てよかった。
  • ホームルーム

    これ地上波でできちゃうんだ大賞!笑

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5
    この作品をまさか地上波で実写化してしまうとは!
    いやまあそりゃ深夜にはなるよね。笑
    ぶっ飛びすぎておもしろかった!
    こういうのをゴールデンタイムで放送できるようになって欲しい。笑
    家族で...
    続きを読む この作品をまさか地上波で実写化してしまうとは!
    いやまあそりゃ深夜にはなるよね。笑
    ぶっ飛びすぎておもしろかった!
    こういうのをゴールデンタイムで放送できるようになって欲しい。笑
    家族で観たら気まずすぎるかw

    まさにドラマ版『アンダーユアベッド』。
    いや映画のそれほど重くはない。
    主人公が好きな人のベッドの下に見つからないように隠れていることが似ているだけである。

    作品自体に拒絶が入ってもおかしくない内容が、コミカルに振り切って描かれることで爆発的なおもしろさを生んでいて、拒絶反応を起こすどころかどんどん展開が気になり、毎週楽しみになっていった。

    暴走する変態愛とすれ違うお互いの好意。
    それが徐々に交差していきながら、あと一歩のところでガタッと崩れ落ちる。
    9話で愛田がやってきたことが、桜井のみならず、クラスの人たちにもバレることになる。

    理解し難い独りよがりの度が過ぎた強度の信念(正義の愛)を持った愛田先生が強烈。
    色んな作品を観てきた自負はあるが、こんな感覚の作品は初めて。
    近しいものがあるとすると、映画『惡の華』辺りか。
    でもそれともまた違う感じがした。

    愛田と桜井は両思いのはずなのに目的がお互いにくっつくことではなく、最終的にどこに向かいたいのかが全然わからなかった。笑
    お互いが想いを伝え合っていたら成就したいであろう恋愛が、お互いに好意を寄せるために起こした破天荒な行動とタイミングの悪さにより、すれ違い溝が深まるようになっていく。

    独りよがりの愛は、ついには叶うことなく終焉を迎えたわけだが、数年後愛田先生の後を追うように変態桜井先生が誕生していた。

    歴史は繰り返すではないが、結局桜井の愛田に対しての好きは消えなかったようであり、愛田と桜井の「好き」は、一緒になることじゃなくその人のそばにいて支えること、ヒーローと悲劇のヒロインに昇華されていって、それがラストに反転していったように思う。

    これが何とも芸術的であり、美術を題材に繰り広げられてきた駆け引きが意味を持つようなラストでもあった。

    非常に挑戦的で楽しませてもらったドラマでした!

    P.S.
    愛田先生を演じられるのは山田裕貴以外に知らない。笑
    彼はイケメン×変態の代名詞となった。
    秋田汐梨もよかった。
    『惡の華』に続いて可愛く純情に見えて実は変態性のある役柄のフィット感が半端ない。
    次こそはもう少し一般的な役柄を与えてあげて欲しい。笑
    脇を固める役者陣もハマっていてよかったです!
  • スローな武士にしてくれ~京都 撮影所ラプソディー~

    みんなに見てほしい

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    NHKが最新の技術で時代劇を撮るドラマのパイロット版を作りたい、という流れで、ストーリー以上に殺陣を重視した時代劇映像を撮りまくるお話なんだけど、これほんと大好き!

    最新技術の中身や撮影方...
    続きを読む NHKが最新の技術で時代劇を撮るドラマのパイロット版を作りたい、という流れで、ストーリー以上に殺陣を重視した時代劇映像を撮りまくるお話なんだけど、これほんと大好き!

    最新技術の中身や撮影方法がわかるのも面白いけど、メカニカルな最新技術だけじゃなくて、俳優や殺陣師の演技と技術もこれでもか!ってくらい堪能できる。
    メインの内野聖陽も中村獅童も、周りで殺陣やってるみなさんも、とにかくすごいのひとこと。
    時代劇って難しそう、つまんなそうと思ってる人にこそ見てほしい。圧倒されるよ映像と殺陣の迫力に。

    撮影と撮影所の裏側みたいなものも描いてるし、何よりみんなが愛情たっぷりに時代劇を作ってるのがすごく伝わってきて、NHKも東映もありがとう!って気持ちになります。ラストの大団円なんて最高だよ。愛に溢れてる。

    あと個人的に、本田博太郎がいろんな目に遭ってるところも大好きです。所長の伊武雅刀もだいすき…。
    1ヶ月に1回、総合とBSプレミアムと両方で再放送してほしい。毎回見るから。

最新口コミ 最新口コミ

  • ひよっこ 第52話

    3.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    続きを読む 私も倒産ではないけど工場閉鎖で配置転換を経験した事はある
    あたりまえにあった風景がなくなるのは寂しいし
    仲間がバラバラになるのは辛い
    経営者達のゲームに付き合わされてるようでね
    ここでは不況倒産だけど
    これから企業が海外進出始めて国内の空洞化が進むんだよな
  • ひよっこ 第51話

    3.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    続きを読む 生産調整で工場閉鎖だろうけど
    え、倒産?
    作劇の都合だろうが
    松下さんでなくて社長が出てこないでどうする
    経営陣はどうなってる?
    とマジに怒るよな
  • エール 第2話

    3.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    同じ時代なのにはね駒からエールに変わると
    画がすごく綺麗になった
    4Kのおかげ?くっきり見え過ぎる
    運動音痴でどもりでもちゃんとやれること見つけるんだ
    いじめって言うけども あの子だった...
    続きを読む 同じ時代なのにはね駒からエールに変わると
    画がすごく綺麗になった
    4Kのおかげ?くっきり見え過ぎる
    運動音痴でどもりでもちゃんとやれること見つけるんだ
    いじめって言うけども あの子だったら普通にあるな
    クラスに一人はいる
    将来も駄目かと言うとわからないさ
    音楽に出会うんだ

    勉強に運動についていけない子は
    個性ではあるけど
    目立つから普通にいじめられる
    そこまではありふれた風景なんだけど
    (最近は駄目なのか?)
    必ず馬が合う優しい子もいて
    そんな話がみたいな
    先はわからんけど
    主人公が気弱という設定は珍しい

    人は自信を持つと変わるけど
    こんな気弱な子が物語を引っ張っていけるものか
    凄い心配になってる
    パートナーに支えられるんだろうけど
    オリンピックで逃げ出したみたいに
    視聴者にカツを入れられそう(笑)

    同じ時代ではね駒とエールでは
    福島弁のレベルがぜんぜん違う
    エールは聞きやすいけれども
    視聴者に合わせて変わってるんだね

    男性の主人公はマッサンの鉄二くんとか
    いままでもあったらしいけど
    エリーという魅力的な妻もいたのではないか
    私は作曲家の妻である音に興味を持ってる
    福子系なのか 喜美子系(歌手)なのか

    第一話は視聴者を物語に惹きつけるために
    何でもありにしがちだから
    二話以降が普通だろう
    ただ薄さ軽さが目立ったしまったな
    音楽を一言で表現するのは無理があるだろうとは思う
    心にしまっとけとのメッセージかな

    蓄音機の音がクリアすぎるぜAKさん
    デジタルの音しか聞いたことないんかな
    本物聞いてみろ
    と重箱を言ってみる

出演者 からドラマを探す 出演者からドラマを探す

その他の条件 からドラマを探す その他の条件からドラマを探す

TVマガの記事

新着記事

    評価をする